2022/9/11 ラストクロスロード杯

主に仕事で疲れてたので記事を書くのが遅れてしまった。

シーザの営業が残り僅かということで主催者が急遽大会を開くことになり、ついでに参加した感じ。

ルールは結構複雑。

参加者はおみくじを引き、引いた色に応じて縛りが変わる形。

引いた色による縛りは以下の通り。

金:対戦相手のジャンル・形式も指定 1人

銀:完全フリー 3人

青:ジャンル・形式完全同一のみ 5人

赤:直前に投げたジャンル・形式との完全同一のみ禁止 8人

黃:低火力ボンバーマン 5人

紫:高火力ボンバーマンサブジャンルとランダムは別枠) 4人

黒:ノンラン固定 2人

 

で、自分が引いたおみくじ。なんと金色が出てしまう。マジか…。このくじ引いて予選で負けたら100%自己責任なので実はこの地点でプレッシャーがそれなりにあったり。

ただ相手関係を見るにおそらくスポタイで自分に勝てる相手はいないと判断し、どこまでもスポタイ一点張りで行こうと決意。

相手はイージーで投げてくるのを予想して分岐問題や見たことない問題が出たら基本慎重に、もし他選で星5が出たらスピードを上げるようにしていこうと方針を決める。

また、合間を見て星2の難しそうな問題を抑えることに。正直星2の見覚えない問題引いて単不したらダメージが大きいので…

 

予選第1試合 いのうえまりなさん イヒノキケフフさん ロジユニ キズナさん

いつもだったらジャンル形式も書くけど今回は準決勝まですべてスポタイなので省略。

他選はすべてイージーでの出題。予想通りだったので他選の際はスピードを落として慎重に進める。ただ1セット目は慎重に進めすぎて「あれ、速度差取られてるかも?」という感覚をもつ。それを受けて2セット目から少し早めに。

自選はハードなのでいつも通りの速度で。キツめの問題も出て単独を取り、精神的にも余裕を持てるようになった。

4セット目はそれなりの速度で進めて終了。

イージー混じってこの点数ならまあまあといったところか。

 

予選第2試合 さだもりひめかさん なかのいちゅきさん やさん ロジユニ

こちらも他選はすべてイージー。思った以上に見たことない問題が出てくるも、星3を青入れしていき少しずつ差をつける形に。最後の自選がそこそこ強めで、ここでリードを取ることに成功。

やはりイージーが混じると速度を出せないので点数の伸びも悪くなりがち。まあしょうがない。

 

予選第3試合 ロジユニ さきざくらももかさん るうと22さん なんのありすさん

自選は当然ハードで着実に差をつけることに成功。ところがさきざくらももかさんの投げたイージーで映像問、問題文は「何を投げている?」何これ見覚えないんですが。見覚えないということは流石に最後まで見れば分かるだろと判断し、本当に最後まで待つハメに。まあ当てたのでヨシ。

るうと22さんはハードを選択。イージーの場合と比べて明らかに速度が出せることに気づき、解いている途中で「これハードだからか」と合点がいく。そのまま突っ切ってこちらでもリードを取ることに成功。

最後はイージーだったものの映像問は流石になく、ここ2セットで見たような問題も混じり速度もそれなりに確保。

たわしの問題出てこの点数ならあれがなければ390取れてたのでは…?

 

というわけで準決勝進出。3戦合計のスコアが1140点とかいうとんでもないスコアに。

こんなスコア普通の大会だったらまず自分じゃ出ないだろうなあ…

 

準決勝 わらうヤカンさん ゆきだるまさん B→LOPESさん ロジユニ

ここまで金おみくじの効果適用。ここでB→LOPESさんを引き、スポタイを投げるかどうかちょっと迷う。ただここまでスポタイ投げてしまった以上元には戻れないということで結局すぐにスポタイに。

1セット目のイージーは問題が星3に偏り、1問除いて青入れに成功。残りの1問も青入れこそできなかったものの早めの解答ができたことで99.26点。

2セット目も同様に星3が多めで、これまでに比べると速度も出せる状態。

3セット目のB→LOPESさん及び自選はハード。ただブルズの永久欠番のような「あれ、何だっけ…?」となる問題が結構あり、このあたりはとにかくミスをしないことを意識して解答。

というわけで縛り適用の96問すべて正答に成功。この時点でかなり疲れてた。

 

決勝 B108LCUPさん(社会タイピング) マオさん(芸能グループ分け) B→LOPESさん(アニメ&ゲーム連想) ロジユニ(スポーツタイピング)

決勝。ここでおみくじの効果は完全に切れ、完全フリーでの対戦。

自分の場合は筐体でスポタイ以外解答していないというのが地味にしんどいポイント。

決勝は完全フリーで何を投げようかと一瞬考えるも、「ここまで来たらどんなにしんどかろうとスポタイ一択だろ」と開き直る。

B108LCUPさんは社タイ。よっちんさんが関西いた頃に投げてたしきちんとやらないとなーと思いつつやってなかったツケが出る。ちょい難しめぐらいの問題を順当に落としていき、結果的に3ミス。

マオさんは芸グル。この時点で頭を抱えるも、分かる問題をきちんと解こうと気を落ち着ける。難易度が思ったより低くおおむね正解するも、選択肢3つ、グループ3つのうち2つの選択肢で迷い1問単不。ただ失点はこれだけで済んだのでまだマシ(ほんとか?)

B→LOPESさんはアニ連。またも頭を抱えることに。でもこの形式はマスクマンやひろぽんさんが投げているからこれはやってない自分が悪い。

結果として2問単不、2問単独を許すB→LOPESさんにとってこれ以上ない展開。単独のうち片方は1つ目のヒントで飛んでいてカッコ良かった。

自選のスポタイ。2問立て続けで星5、しかもかなりきつめの問題が出て連続で単独を取ることに成功。なおその後は比較的弱めになり、試合終了。まあこの面子のスポタイで2単独取れたならかなり強い方だろう。

ということで3位。疲れた…。

決勝終了後各プレイヤーにインタビューがあり、その後B→LOPESさんから話しかけて頂いた。こんなに物腰が柔らかくて強いとか憧れる要素しかないプレイヤーでした。

というか新潟勢が強すぎる。全員準決勝は凄え。

イヒノキケフフさんに関しては予選1戦目で自分に当たったにもかかわらず準決勝進出を決めるということでまあ凄いなと。(今回の予選通過ボーダーは惜敗率およそ280%。それに対して1戦目での惜敗率が81.3%なので残り2戦を両方とも1位通過ということになる)

自分の振り返りについては、スポタイ102問を全答できたのはこれまでやってきた成果が出せたので素直に嬉しい。決勝は、まあ、うん…と言った感じだった。

明日、というか実質今日のあべのの大会ですが、結構疲れているのもあって行くかどうか怪しいです。まあ気が向いたら行きます、ということで。

2022/8/14 宮西スタジアム 復活の宮スタ杯

次回作来る前に大会があったので大会の記事です。次回作が来るまでにあともう一本大会記事書くのは多分確定。

今回は愛媛まで遠征。さてどうやって行こうかと考えていたところ、大阪から東予のフェリーがあるとのことで4年ぶりのフェリー搭乗。前回は秋田→苫小牧の旅行の際に利用し、日本海でそれなりに時化ていたため船酔いして酷い目にあったものの、今回は瀬戸内海なので特に問題なく。なお久々のフェリー搭乗で軽く興奮して就寝が遅くなった模様。遠足前の小学生かよ。

東予に到着後は無料の今治行きバスを利用して今治駅に向かい、まずはJR四国松山駅まで。市内電車で大街道に寄り、コメダ珈琲でモーニングと味噌カツパンを食べて腹を膨らませ、ドンキでプロテインと飲み物を補給。また市内電車で松山駅まで戻り、ハードオフレトロゲームをいくつか購入。なかなかお目にかかれなかったものを買えたので大きな収穫。具体的にはロックマンエグゼバトルチップグランプリとロックマンエグゼ4.5。4.5はバトルチップゲートがないと十分には楽しめないけどコレクション目的なので良し。

宮西スタジアムに着いたのが10時半。人はそれなりにいるかもなーと思っていたが殆どおらず。何なら主催者も来てなかった。1クレだけ競馬検定回して指の速度を確認。結構暑かったのでドラッグストアでシーブリーズを購入。こんなことなら家から持ってくりゃ良かったなあ。

 

その後人は徐々に集まり、最終的に大会参加者は主催者含めて17人。これまで参加してきた大会では数少ない自分を除く関西勢ゼロ。(自分が知っている限り。もしいましたらすみません)

ルールは参加者全員共有での同一ジャンル及び形式の再選択禁止。(決勝まで縛りは継続。ただし同一試合内での被りはOK。最も遠出だったもりのきりかぶNさんが3つのルールから選んで決定)

予選を各自3戦行い、その惜敗率の上位8名が準決勝に進出。準決勝からは惜敗率上位から席を選択、上位2抜け。

予選第1戦 MAXまつうらさん(理系学問タイピング) JUGOさん(スポーツ並べ替え) ロジユニ(アニメ&ゲームエフェクト) もりのきりかぶNさん(ダミー・ノンジャンルランダム)

対戦相手は全国大会の称号持ち2人。なにこれ。愛媛への来訪歓迎にしてはあまりにも手荒過ぎないか…

ただ慌てすぎてもどうしようもないため一旦落ち着いて。ここはJUGOさんがいるのでスポタイを投げるわけにはいかず、かといってあんまりやってない形式投げたら惜敗率で離されてジ・エンド、ということでそれらを避けるためにアニエフェを選択。

問題を解いている最中の手応えは悪くないものの、それでもMAXまつうらさんにジリジリと差を拡げられる展開。理タイでの便秘の定義(3日間排便なし、迷って7日間としてしまった)、スポ並べ替えのアン・ソンジュ、自選での軽庫娘(けいくむすめ)のミスが悔やまれるところ。

それでもJUGOさんを僅差ながら差し切り、MAXまつうらさんにも極端に離されない状態で終了。相手関係を鑑みれば健闘した方だと思う。

 

予選第2戦 ひだまりさんさん(美術・文学) ゼロさん(ゲーム・おもちゃ) ショウブさん(文系学問エフェクト) ロジユニ(スポーツタイピング)

ショウブさんは第1戦でノン連とかいう変態形式を投げていたことと、その際の対戦相手の力関係が全然分かってなかったので自選は置きに行けるか否か判断が出来ない。ただどこかで1位を取らないとかなり厳しい展開になるのは間違いなかったこと、及びJUGOさんなどにスポタイを潰されるのを嫌がったこと、の2点によりスポタイを選択。

今回はゲーちゃと文エフェがとにかく辛かった。特に文エフェの高難易度でショウブさんに2回ほど単独を取られてしまい、自選でグロ問を複数引けないと捲れない厳しい展開。

自選は比較的緩めでショウブさん相手に差をつけられず。ただ、せっかくのグロ問だったHIROYAの本名(河部(かわべ)弘也)を間違えたのはマジで反省。ただ仮にここで単独を取ったとしても捲りきれなかったのが辛いところ。

ということで星3は全答したものの高難易度で差をつけられて第1戦に続いて2位。予選通過に黄色信号が点灯。

 

予選第3戦 はらだオリエさん(ライフスタイルグループ分け) ロジユニ(物理・化学) HB(ハーケン)さん(芸能その他) LIUサヌログさん(ダミー・ノンジャンルランダム)

運命の第3戦。ここ2戦の惜敗率合計が171%ほどで、予選通過には最低でも9割、できれば10割取ってゆとりをもって通過したいところ。

問題はどのジャンル形式なら刺せるか。残った候補は物化とアニ文字、及び年単位で触れられていない都合上精度がかなり落ちる社連と文キュ。正答率のグラフを見て物化が一番率が高いと判断し、物化を選択。グラフだけ見たら文キュの方がベターだったのだが、自滅の可能性を考慮して選択せず。

ライグルは比較的平和だったものの、タレント本をその著者の性別で分ける問題で誤答。全部知らないタイトルだったのでまあ無理。

自選の物化。これも比較的平和。何間違えたかも忘れてしまった…

芸能その他。よりにもよって芸能サブジャンルはアカン。この辺から精神的な余裕がなくなり、追い込まれる。

ダミーのノンラン。本当に何も分からん状態で進んで5タコで終了。

順位発表の写真がないことからも分かるように、気づいたら試合が終わっていた感じ。ロースコアの戦いになったものの1位を取って無事準決勝進出。結果論として物化は正解だったと思ってる。

 

さて準決勝。アニ文字をデュバルしょうささんに使われたため、ここまでで有効手札はすべて使い切り。いよいよ社連と文キュに手を付けるしかなくなる。また、どちらのブロックの相手もやはり厳しい。ここでもう開き直って「どうせどっち行っても地獄なら…」ということでMAXまつうらさん、JUGOさんのいるブロックを選択。

 

準決勝 MAXまつうらさん(理系学問並べ替え) ロジユニ(社会連想) ショウブさん(文系学問スロット) JUGOさん(ライフスタイルエフェクト)

相手関係から文キュよりも社連の方がまだ勝ち目があると判断し、自選は社連を選択。

MAXまつうらさんは理並。1年前にちょっとだけ手を付けており、この中ではラッキーな出題。いい調子で進めるも、マイコトキシンで単独を献上。毒って言ってるんだからトキシンぐらいは作ろうよ…。

自選の社連はもうめちゃくちゃ。苦手目な政治経済の問題が集中したこともあり4タコ。流石にこの時点でゲームセット感はあった。

ショウブさんは文スロ。この方はずっと文系を投げていたので「あーまたか」と。高難易度は当然出来ないし、低難易度でも歴史に偏ると取れなくなりがちなのでまあ厳しい。文スロは身内でもやってるやついるしいろいろ聞いといたほうが良さそう。

JUGOさんはライエフェ。これに関しては良く残ってたなと思うレベル。2ミスなものの間違えた2問は両方単不だったためセットとしては緩かったんだろうな。

というわけでここで敗退。もう手札残ってなくて相手関係きついならそら負けるわ。ただJUGOさんとは40点ちょっとの差だったので、ライエフェとか自選の社連でもっと失点を防ぐことができていればワンチャンスはあったのでその分の悔いはある。

決勝はMAXまつうらさんがもりのきりかぶNさんを僅差で振り切り優勝。やはり強かった。

 

大会後は店内対戦で同一のジャンル形式をいくつか行った後、9名で問屋町バルズへ向かいアフター。色々な話が聞けたしご飯は美味しかったしで非常に楽しかった。

その後は松山駅まで送ってもらい、今治まで移動して宿にチェックイン。大会後の移動ではMAXまつうらさん、もといREILAさんの車に乗せていただきました、本当にありがとうございました。

 

大会は3ヶ月ぶりだったものの、ここ最近は仕事で行き詰まり続けていた都合上、クイズに割くための時間が全く確保できない状態だったため、準決勝まで残れただけ上等なんだろうな。ツイッターでも呟いてたけど、やっぱりキーパネきちんと固めとかないとなあ。より僅差の勝負になった場合には尚の事重要だしね。

とはいえやっぱり大会は楽しい。特にトップランカーであるREILAさんやJUGOさんと結果的に2回当たることができて凄く良い刺激になった。

次は1ヶ月後のジーパラあべのの大会に参加予定。わざわざパーソナルジムの日程をずらしてもらったのでここで無様な様子は見せられない。悔いのないようにやります。

2022/5/21 ジーパラあべの さよなラクダ

およそ半年ぶりの記事作成。

書くのが久々すぎてテンプレとか忘れてる始末。

更にここ最近の疲れが酷くてしばらく書けない日々が続いてしまった。

 

今回は久々の高火力ボンバーマンルール。

久々すぎて投げる形式の難易度上げきってなかったりして天王寺についてからあべのアポロで急遽星上げ。

 

今回はかなり人が来てなんと34人。

遠征勢もちょこちょこいたけどほとんどは関西勢。あと最近の大会ではあまり見なかった強豪プレイヤーもいたので少し懐かしい気持ちに。

 

ルールは以下の通り。

1回戦:34→24(4人対戦7カード、3人対戦2カードで上位2抜けと惜敗率上位6人)

2回戦:24→12(上位2抜け)

3回戦:12→4(1位抜けと惜敗率トップ)

準決勝:4→2(上位2名)

決勝:2→1(それぞれパートナーを決めてペア打ち、パートナーの出題はフリー)

 

決勝までボンバーマンの縛りは継続。

特にきついのが3回戦だと思う。やっぱり実質1位抜けのみはしんどいし面子がキツイからねえ…。

 

ということで振り返りを。今回は配信があるので丁寧に振り返る。

 

1回戦

タイセイさん(ゲーム・おもちゃ) ロジユニ(物理・化学) おりこうフクさん(文系学問タイピング) ぶたまつさん(芸能エフェクト)

 

1回戦からぶたまつさんを引く。このメンツならおそらく置きでキーパネあたりと予想。

あとのお二方も別大会で対戦の経験があり、その際はタイセイさんはゲーちゃ、おりこうフクさんは文タイだけど温存する可能性も。

自分は早めにランダムを潰したかったのと少しでもぶたまつさんに刺さるジャンル形式を、ということで物化を選択。

 

肝心の問題が地獄だった。

タイセイさんはゲーちゃ。

いきなりアニキュのグロ問を引かされて全滅。(リカビジューが正解らしい リカちゃん人形+ビジュアルだと思うけどいきなり出されたら無理)

ゴールデンアイは昔ニコニコで見たゲッダンで知ってた。

プリズムリバー三姉妹は固定なのは知ってるけど東方妖々夢やってたの10年前だから覚えてないんだわ。ルナサ→メルラン→リリカね。

アニエフェはまあ問題なく。

FFはガチで未履修なので何もわかりません。ルナフレーナ・ノックス・フルーレ。

モンハンはポータブル3rdだけ100時間ぐらいやってやめたので知りません。コ「ミツ」だからりんご飴ってこと?

 

自選の物化。QMAでは最近全くやってなかったので自前の知識だけでどうにか運用するスタイル。

ミョウバンはまあリード文からそれはそう。

コルベ・シュミット反応は…ごめんなさい有機化学苦手なんです。覚えてなかった。

次の問題は全く見たことない法則でチンプンカンプン。クラインとブロッホは作れるけど明らか違うよなーと思いつつ分からなかったのでクラインと誤答。ブンゼン・「ロスコー」の法則だそうで。リールで残ったライネスもなんかあるのかなあ…。

列氏温度は摂氏温度の5分の4なので列氏80度で水が沸騰。華氏は5分の9して+32なので華氏212度で水が沸騰。まあ覚えたほうが早いんですが。

動滑車の問題は素直に。

文字パネは駒込ピペット」。スポイトは水を吸ったり吐いたりするために押す部分が統一されているからちょっと違うけど気持ちは分かる。

 

おりこうフクさんは文タイ。

プレスター・ジョンはまあ知ってた。

テューダー朝の初代イングランド王はたまたま覚えてた。

松前藩、薄皮の剥けたようもまあ知ってた。

齷齪(あくせく こう書くの初めて知った)は自信がなかったけどたしかこうだった…はずで解答。

ここまで全答なのにここまでで一番正解率が高い清州城を間違える。常識がない。

 

ぶたまつさんは芸能エフェクト。分かるのに寄ってくれれば…と思うも。

青木崇高をいきなり誤答。分からなかったのですうこうと読んでしまった。

浜木綿子は最初見た瞬間「はぁ?」となり手が止まる。浜木/綿子で分けた地点で詰みだったし解答時点では正答見ても「?」だった。後々の理エフェで浜木綿が出た瞬間に納得する。

皆川玲奈は「れいな」か「れな」で散々迷い誤答。こういうのあるから怖い。

天翔愛はリード文で「藤岡弘、の娘」ということで同様に息子である藤岡真威人が思い浮かんで捻った読みをすると思い、てんしょう「まな」と誤答。愛って「めぐみ」とかとも読めるし面倒なのよ…

大越健介も「おおこし」か「おおごし」で迷ってまたも誤答。この時点で未だ0点。

最後にやっと分かるのが来てどうにか0点回避。

 

4セット終了時の感想としては「これはひどい。終わったな」というのが本音。

とはいえぶたまつさんで230点だったので惜敗率でギリギリ滑り込めるか…?といった感じで何とか通過。

結果論として物化は大正解だったかと。自分が2ミスに対してぶたまつさんが4ミスしていたのでもし他形式投げてたら多分惜敗率がもっと低くなって抜けられなかったと思う。

 

 

2回戦

とうちゅうさん(社会スロット) ロジユニ(スポーツタイピング) NHKストナーSさん(芸能一問多答) はるのツバメさん(社会タイピング)

2回戦。何度か同じ大会に出場していたものの当たることがなかったとうちゅうさんと当たり内心ラッキー。やっぱり一度はQMAの大会でも当たってみたかったんですよね。

(確か早押しクイズでも西日本早押王で同席になったことがあったはず、結構前だけど)

NHKストナーSさんは要はわいけーさん。以前にも1回当たってるかな。

はるのツバメさんは多分初対戦。

 

自選は相手のグラフを見てスポーツが刺さりそうと判断し、スポタイぶっぱ。あんまり温存しても相手に刺さらずに終わっては意味がないので。

 

とうちゅうさんは社スロ。

マンドラゴラはまあ。

リアルト橋は知らなかった。あまり見た覚えがないので難易度は高めのはず。

国旗は杉が描かれていたのでそれはそう。

林野庁は少し自信がなかったので慎重に。

知多半島渥美半島はちょっとややこしい。菊やメロンは渥美とだけ覚えてた。

トンボロは完全にポカミス。湖いうとるからラグーンに決まってるやんけ。

 

自選のスポタイ。いつものブートでやっていることをやるだけ。

カタカナ解答で1行目が「20分を1とする」なら確定。ピリオド。

ヤンキースとメッツがサブウェイ(サブウェー)シリーズ、単分岐でアスレチックスとジャイアンツで「ベイブリッジ」シリーズ。

マイナーペナルティからは2分岐。頭文字が「5」なら「メジャー」ペナルティ、「10」なら「ミスコンダクト」ペナルティだけど、ミスコンダクトペナルティは星5なのでメジャーのほうが率は高い。

星5は1行見切りができない…。まあカタカナ解答の問題は比較的青入れしやすいので焦らず4秒で入れれば良い。バードントロフィー。 NFLの優勝チームはビンス・「ロンバルディ」トロフィー。

ひらがな解答で「ファイティング原田が」だったら1行見切りできるのかな。笹崎ジム。

愛知県の県民栄誉賞第1号は問題文だけだとしんどい。時期と五輪のメダリストという文面だとリオ五輪のメダリストを答えてしまいそう。逆に言えば覚えられれば青入れしやすいのでカモにできる問題。浅田真央

ということで100点取れた。まあミスコンダクトに振られてたら無理でしたが。

他の形式でもここまでとはいかなくてももうちょっと自選は全答安定させたいねえ。

 

NHKストナーSさんは芸能一問多答

アニタイを1回戦で投げてたし以前の大会でも投げられたのでおそらくノーマルと予想。

椎名林檎のシングル曲はまあ。Jupiterは平原綾香でいいのかな。

日本の映画は初見。というか芸能一多は星3しかやってないので初見の方が多い。

就職戦線異状なしはそれはそうなんだけど、あとが分からん。適当に1と3で、で誤答。とうちゅうさんはお見事。

シブがき隊は世代じゃないけどなんとか知ってる。

タイムスリップ題材の映画もまあ。今回は選択肢が分かりやすかったしね。

吉本興業所属のお笑いコンビは千原兄弟はそれはそう、アンタッチャブルはまあ違う。オアシズは確か違ったよなーで正答。

森三中はそれはそう。流石に知ってる。

分かるの多めで助かったー。星3もやったの結構前だけど案外なんとかなった。

 

はるのツバメさんは社タイ。

イラクの首都からイランの首都というよくある分岐。落ち着いて解答。

天国にいちばん近い島は最初「?」だったもののニュー○○○○○島で思い浮かぶ。

掛川駅はなかなか出てこず。川~で思い浮かぶ駅がなく、「~川」駅かーと思考を張り巡らせて何とか引っ張り出した。

加藤勝信菅内閣官房長官だったのでニュースでよく見てた。これ単独正解は結構意外だった。

この地点である程度点差に余裕があると踏んだので、アラビア半島は「世界最大の面積の半島」というリード文から落ち着いて引っ張り出す。

スーパーサインは「あれに正式名称あるんだ」系の問題。普通に知らなかった。

 

ということで2回戦は快勝といっていいでしょ。

スポタイで2単独2少数を取って着実にリードを広げて、他選でも単独を取れてといい感じで展開できた。

 

3回戦

ロジユニ(アニメ&ゲーム文字パネル) ぶたまつさん(アニメ&ゲーム連想) らーめんさん(ノンジャンルランダム) すだちくんさん(アニメ・特撮)

3回戦は恐怖の実質1抜けのみ(惜敗率で1名)。メンバーも称号持ち2人は言うまでもなく、らーめんさんは初対戦だし2回戦はアニキュノーマル投げてるしで次の手が読めない。

投げる形式が無くなってきつつあり、すだちくんさんがいるため社連は絶対NG。かといって芸多ノーマルが刺さるイメージも浮かばず、諦め半分でアニ文字。

 

自選のアニ文字。

三者三葉は今年か去年ぐらいにウマ娘のファンアートきっかけで荒井チェリーさんをフォローしたので。

りゅうおうのおしごとはまあ最近現実がフィクションを超えつつあるので…

次は問題文から考えて明らかに復活問でしょ… 流石に知らん。ソーニャ文庫らしい。

ぼのぼのはまあ。

武論尊もまあ。タイピングにもあるしね。

有限会社地球防衛隊もまあ。

全員正解5問、全滅1問の差がつかないセットだった。正直この時点で詰みだった。

 

ぶたまつさんはアニ連。地獄。

1問目はウマ娘で助かった。もう全部ウマ娘でいいよ。ハルウララは短距離適正高いけどヒントにあったかなあ…?

次は主題歌を歌った歌手かな?分からなかったけどとりあえずいちばん有名な歌手を選んだら当たった。

3問目は漫画家。分からない選択肢に分からないヒント。無理。

4問目はヒントが有名そうなセリフ、選択肢は声優。無理。

5問目はイラストレーター。無理に決まってんだろ。

最終問題はアイレムのゲーム。イメージファイトR-TYPEは地の知識で知ってたのでどちらかが来るのを祈ってたら最後のヒントがフォースだったので何とか。

 

らーめんさんはノンジャンルランダム。

風紋は2文字目が見えなかったので慎重に。

次の順当てはまあ。

アニエフェは問題文に見覚えがない、かつ簡単めだったことで難易度ノーマル以下だと確信。

ムエタイがタイなのは知ってたけどタイがどこか分からない問題。東南アジアの地理とかどうやって覚えるんですか…

卍固めもまあ。

本社は興味ないので知らん。本気で日清食品サントリーも京都だと思ってた。

 

すだちくんさんはアニ特。やっぱりしんどい。

最初は分からなかったけど1つ目はスルーしたほうが勝率は高いのでスルーしたらアダムとモーゼで流石に違うだろと思い正答。

ミックスナッツの並べ替えはまあ見覚えないけどまあこうでしょ。

ウルトラマンギンガは知らなかった。終わり。

はじまりの海はまあ。

アニ連は無理。どうせ星3とかなんだろうが無理なものは無理。

最後の一方通行は知らんけど違いそう、知らんけど違いそうで3つ目で迷って間違える。

 

結果としてここで敗退。まあしょうがない。ノンランは自分がヘボすぎたけどここ全答でも捲れないのでどちらにせよ。

 

マスクマンにしてもぶたまつさん、もといひろぽんさんにしてもアニ連でやられるパターンが目立つ。最近QMA出来てなかったけどアニ連ぐらいはちょっと対策取らないといけないなあ…。

やる気あるうちにアニ連上げてサークルに顔を出すぐらいはしようかな。

 

あと久々の大会はやっぱり楽しい。次の日もネーブルで大会があったので参加しに行ったけどこちらは1回戦で1点差で負けてしまって特に書くことがないので記事は書きません。次の大会参加はいつ、どこになるかなあ。

あとラクダさんは4年間お疲れ様でした。自分があべのの大会に参加しだしたのは2年前からですが、いつも楽しく参加させてもらってました。これからもあべのの大会には日程が合えば積極的に参加したいと思いますので、よろしくお願いします。

2021/12/4 遊食空間シーザ 主催追悼式

前回の反省を活かすのと今回は早めに宿に着けたのでさっさと書いていく。

シーザの大会を主催してきたゆうほさんが転勤で東京に行くということでこの大会名に。その辺の事情知らなかったらどういうことだとなりそう。

今回は大会中投げられるジャンル・形式は出場者が書いたクジにより決定(1人の出場者あたりジャンル2つ、形式2つの計4つのくじを書く。重複は不可)

ジャンル形式はバラバラにせずまとめて4つのくじを引くため運が悪いとノンジャンル4連発とかもあり得る。

自身が有利を取れそうな、もしくは最悪大幅に不利になることがないようにということでジャンルはスポーツ、形式はタイピングが確定で、残りジャンル形式1つずつをどうしようと迷う。

 

ジャンル

左辺は論外、右辺も理系は知り合いのナッテさん、ロスグラシアレスさんがいたので無理、残るはライフスタイル、社会と文系の3択に絞り、参加者が集まってきた中で思った以上に社会勢が多かったため社会は厳しい、比較的対処できるであろうライフスタイルを選択。

形式

最初はサブジャンルは1~3まで区分けされると思っておりサブジャンル3を考えていたものの、サブジャンルはすべてまとめて扱うため急遽変更、ランダムを選択。

 

参加者は21人(2試合して惜敗率8人)→8人→4人。

自身のジャンルと形式は以下のように決定。

ジャンル

ライフスタイル、社会

形式

キューブ、ランダム

 

これを満たす中で投げる候補を以下のように選定。

ライフスタイルタイピング 社会連想 文系キューブ スポーツランダム

 

予選第1試合 ミスマルユリカさん(アニメ・特撮) キズナさん(ノンジャンルランダム) ロジユニ(社会連想) カテナリーーー→さん(社会タイピング)

f:id:logiuni_qma:20211204200430j:plain

f:id:logiuni_qma:20211204200455j:plain

 

初戦からキツそうな相手を引く。前回焼かれたアニ多はあれから星2と3に少し手を出して少しでも捌ければと願いつつ社連を選択。

 

1セット目のアニ特はHARDだったけど比較的ゆるかった印象。

2セット目のノンランがかなりしんどかった。前半4問が分からずかなり精神的にしんどかったけど後半2問を取ってどうにか気持ちを立て直し。

3セット目の自選は割と解ける問題が多かったものの、京都の寺社仏閣で高山寺仁和寺と誤飛び。仁和寺この前実際に行って絵画なんてなかったのに…

4セット目の社タイは分かるのと分からんのがはっきり分かれる形に。1問は全滅だったものの、WHOのあるスイスの都市をチューリヒと誤答する始末。スイスの都市と聞かれてチューリヒしか出てこなかった。

ということで予選第1試合は3位で惜敗率は90%程度。次の試合と相手次第で勝ち抜けできるかどうか微妙なところに。

 

予選第2試合 インチキかさBムさん(文系学問四択) カテナリーーー→さん(ライフスタイル並べ替え) かぐやLUNAさん(ライフスタイルタイピング) ロジユニ(スポーツランダム)

f:id:logiuni_qma:20211204202028j:plain

f:id:logiuni_qma:20211204202041j:plain

 

全体的に解けたり解けなかったりの繰り返しでなかなかしんどいセット。

1セット目の文択は1問単独を取ることができ、1問落としたものの単不にはならなかったため少し気楽に。

2セット目のライ並は単独は取れなかった、かつ時間がかかったため点数はそこまで取れなかったが1ミスに抑えたのでここまではまだ比較的リードを取れていたかと。

3セット目のライタイは最近手がつけられていなかったこともあったけど最近追加されてそうな問題もあって2ミス。自選で投げるのは少ししんどそうな感じに。

4セット目の自選はスポランノーマル。ハードだと星5で苦戦しそうだと考え、ノーマルで出題。なお新しめの問題に大苦戦し2ミス。

 

ここは2位で惜敗率は先程とほぼ同じ90%程度、合計は181%程度に。

ボーダーラインあたりに立つ形になり、8位の惜敗率が182%、9位は181.5%だったため、かなり僅差での敗退に。

特に1セット目の細かいミスが無ければ…と思うも、こういう細かいミスをしない戦いができないと上位陣とは勝負できないだろうし、今回は自分の実力不足ということでスッパリ諦めがついた。

 

大会後はナッテさん、ロスグラシアレスさんと共ににのみやさんの車に乗せてもらい名古屋まで、名古屋で晩ご飯を食べて解散。その後宿に戻る。

やっぱり大会は楽しい。今日はバーサス、あべの、いわきと4箇所で大会が実施されており、大会の機運が戻ってきているのは何より。

ちなみになぜあべのに行かなかったのかというとあべのカップの情報が出る前に身内で「どうせだからシーザ行くぞ」という流れになったから。あべのの方に行ってても楽しかっただろうけどね。

 

あと今年の大会出場はこれで最後かと。関西での大会は少なくとも年内には無さそうだし、ちょっと資格取得のための勉強をしようと考えているのでQMAの頻度は更に落ちそう。普段QMAの勉強のためだけに1時間以上費やしてしまっているので量をぐっと落としてその分を充てて勉強をすすめるつもり。

年度が変わるぐらいには落ち着くと思うのでそこからまた頻度を増やしていこうかと思うのでまた大会で会った際はよろしくお願いします。

2021/10/23 ジーパラあべの 兎賢杯

すっかり記事を書き忘れて1週間近く。今更ながら大会の振り返りを。今回はYoutubeで配信されていたのでそれを利用してきちんと復習。

 

元々この日は知り合いの人と食事に行く予定だったものの、急遽知り合い側で都合が悪くなりあべのの大会に出られることに。ただしやる気はあまりなかったため家を出たのが11時過ぎ。キューズモールあべののフードコートで適当に昼ごはんを食べて1時過ぎにジーパラへ。まあ1,2回戦勝てれば上等かなーと思いエントリー。

参加者は26人(!)、それから16→8→4と絞り決勝。

ルールは兎賢杯ルール(1回戦で1ジャンル封鎖、2回戦で2ジャンル封鎖…と進出するたびに封鎖されるジャンルが増える。封鎖ジャンルはその対戦カードの1番席になる人が引く。決勝は進出者4人での一斉ドラフト式で封鎖ジャンルを決定、かぶった場合はその分封鎖されるジャンルは少なくなる)

 

1回戦 CAMELさん(芸能四択) ロジユニ(スポーツタイピング) えりまわりさん (ゲーム・おもちゃ) あがわかよさん(スポーツ連想)

f:id:logiuni_qma:20211102202002j:plain

f:id:logiuni_qma:20211102202018j:plain

封鎖ジャンルは社会。相手のグラフを見て、あがわかよさん相手に勝ちきるのは難しいが2位を取れればいいという考えでスポタイ。

芸択は内心「シンドイの投げられたなー…」と思いつつ、解いててなんか簡単めに寄ってるなーと思ったらNORMAL。合唱コンクールのFightは知らないけどYUI絢香だろと絞って絢香と誤答。しかしどちらにしても解ける問題が多くて助かった。

自選は少し緩めだったかな。鉄の爪→青銅の爪は単分岐なのでウェイトがかかった地点で飛んでいいかと。最後の三宅義信は分岐問が2問ある(弟の三宅義行と姪の三宅宏美)ので少し待って青入れならず。しゃーなし。

ゲーちゃはわかる問題に寄ってくれーと思ってた。CPU8ビットは確かPCエンジンは8ビット、SFCは16ビットまでは行って、メガドライブで止まる。でもあの音が出せるなら16ビットだったかなー…とかなり悩んで解答。アーケードゲームスペースインベーダータイトーディグダグナムコ魔界村カプコン、までは即座にわかったもののソンソンだけ分からず。結局ナムコと誤答(ソンソンはカプコン)連想はカタンの開拓者たちしかやったことなかったのでそれで誤答。よくよく考えればタイルはあるけどそれを直接つなげるわけじゃなく橋をかけてつなげるゲームだったな。遙かなる時空の中で7の天野七緒は知らん。一通で出されたら尚更知らん。

スポ連は内心ヒヤヒヤしつつ慎重に解答。サッカー選手の国籍は多分名前からしてブラジルかスペインだなーと思い2択を外す。でもセルヒオって言われてみればスペインっぽい。続けてファビーニョを単不。サッカーどっかでまとめて勉強しとかないと…。

ということで1回戦は2位で通過。

 

2回戦 ロジユニ(スポーツタイピング) あがわかよさん(スポーツ連想) コウミさん (ゲーム・おもちゃ) うらカスミZさん(社会タイピング)

f:id:logiuni_qma:20211102210013j:plain

f:id:logiuni_qma:20211102210028j:plain

封鎖ジャンルは理系学問、文系学問。

正直この地点でしんどいかなと思い、それでも3人を差しきれる可能性を考慮してスポタイ。ついでにBGMをトーキョーグリモワールの決勝に変更。この曲好き。

自選はWBCの登録人数を間違える。(正解は28人)24人は分岐後のオリンピックだわ。

その後コックスで単独。バウ→コックスも単分岐。(のはず)

スポ連は案の定サッカーで苦戦。勇利アルバチャコフはロシア人初のボクシング世界チャンピオンだったはずだし、キルギスタン出身だったらオルズベック・ナザロフだったはずと答えたら単独。2年ぐらい前に少しだけだけどかじってて良かった。

ゲーちゃはさっきと同じ感想。キューブの全滅問はガガンガン。OROCHIは完全初見で我ながらよく閃いたわ。今回はわかる問題に寄ってくれた。

社タイは基本的には分かったものの、宮澤弘が全く見たことないなと思ったら星5。しゃーなし。

今回はギリギリ1位で通過。3位とは30点差ついてたけどいつの間にか差がついてたといった感じ。

 

3回戦 RDノSノQノZさん(芸能一問多答) ナッテさん(芸能エフェクト) ロジユニ(スポーツエフェクト) ラクウェルさん(芸能グループ分け)

f:id:logiuni_qma:20211102210450j:plain

f:id:logiuni_qma:20211102210504j:plain

封鎖ジャンルはライフスタイル、文系学問、アニメ&ゲーム。

さていよいよ厳しい面子。RDノSノQノZさんは言うまでもなく、ナッテさんは週1の身内サークルでやりあっててお互いに手の内を知っているかつ自分は勝率が悪い、ラクウェルさんは1,2回戦で強豪を退けてともにトップ通過と波に乗っている状態。

投げるジャンルは最初社会かスポーツで少し迷ったものの、ナッテさんが社会に強めかつ自身の武器が錆びついているのもありスポーツに。

形式は、とにかく自身の精度が高いタイピングか、速度差を取れ、あわよくば少数、単独を取れるエフェクトかで迷い、ここでもナッテさんはスポタイをある程度捌けることを思い出し、タイピングでは易問に寄ると差がつけられないことと、残り2人にも速度差を取れればと考えてエフェクトに。

芸多は「少しでも星3出てくれー」と願う。(あまりにもトナメでの正解率が低かったため、星3だけ手を付けてた)最初のGLAYのシングル曲は間違えたものの、それ以外が簡単だったため1ミスで済む。(GLAYのシングル曲は星3っぽいので回収不足だなあ…)

芸エフェは村治佳織の名字を「むらじ」か「むらはる」で迷い、「むらはる」で単不。ただそれ以外は最後まで見て慎重に解答、河田陽菜は初見だけどスポエフェ、アニエフェで見てきたような微妙にずらした読み方をして正解。

スポエフェは青入れは1問もなかったし何なら名木利幸が初見だったので待って解答したけど、ラクウェルさんが3問間違えたため結果的にリードを取ることに成功。投げた判断は間違ってなかった。

まさかの芸グル。嘘だろ…となるも最初の問題が知ってる番組の放送チャンネル分けだったのでここでだいぶ落ち着く。映画のジャンルだけ間違えるもそれ以外をきちんと解いて1ミス。ちなみに女子アナは進藤晶子の配偶者である深堀圭一郎がスポタイで出ており、しかもご丁寧に「元TBSアナウンサーの進藤晶子を妻にもつ」という前フリがあったため覚えていた。それ以外はきちんと覚えていたため正解。

決勝進出。芸多がNORMAL、芸グルがEASYで自分とナッテさんを狙い撃ちした形だがそれを跳ね返した形。正直この2人が芸能を普通に投げてたら普通に負けてたと思う。

 

決勝 ロジユニ(社会連想) RDノSノQノZさん(ホビー) うらカスミZさん(社会タイピング) DNPさん(ライフスタイルスロット)

f:id:logiuni_qma:20211102210644j:plain

f:id:logiuni_qma:20211102210658j:plain

まずは各個人が封鎖ジャンルを選択。

おそらくRDノSノQノZさんはDNPさん(と自分)を警戒してスポーツを封鎖してくると予想。あと2人の封鎖ジャンルが読めなかったが、3人ともアニゲに強い武器を持っているため自ら封鎖しに行くことは考えづらい、かつ自分は武器を投げられたら死亡確定。芸能も投げられたら同じく死亡確定だけど、もう芸能を投げられるのは覚悟しようと腹をくくってアニメ&ゲームを選択。

DNPさんが文系学問、RDノSノQノZさんがスポーツ、うらカスミZさんが芸能を封鎖ということでかぶりなしの4ジャンル封鎖。個人的にはラッキー。

残ったのはノンジャンル、ライフスタイル、社会、理系学問の4つ。

ノンジャンルはRDノSノQノZさんがいるのでまず無理だし星も上がってない、ライスタはタイピングが候補に上がるがやはりRDノSノQノZさんがいる都合上厳しい、理系学問は星が上がりきってないという始末。消去法的に社会連想で。まあその社会連想も先述の通り錆びついてるのでまあボロ負けでもしょうがないなと開き直って臨む。

BGMは7の決勝。この頃はそもそもQMAやってなかったけど曲は大好き。

社連はかなり慎重に解答。やっぱり今思っても醍醐寺伏見区で飛べるし全体的にもう少し早く解答しても良かったけど結果論でしかない。最後の共通する誕生日は拾えてなかったor忘れてたやつ。

ホビーはまあまあか。三浦展のベストセラー『下流社会』は星5なのでしゃーなしとして、ゴルフ場は一瞬素直に「北海道かな?」と考えるも、「いや待てよ冬になったら雪降るし寒いしでゴルフできなくなるからあえて長野で」と考えてしまい誤答。長野も雪降るし寒いんだよなあ…。トミーカイラはグランツーリスモにZZ-SとZZⅡが登場するので知ってた。(それからいろいろあってGLM株式会社が継承してトミーカイラZZを発売)やっぱりナチュラル知識は偉大。

社タイは白鯨とラ・ブラバンソンヌが完全初見でどうしようもなかった。白鯨が星4、ラ・ブラバンソンヌが星5らしい。ラ・ブラバンソンヌは単分岐らしいが、これで単不なのは流石に面子が強いと言わざるを得ない。

ライスロはすみっコぐらしのデザイナーが全滅。(横溝友里らしい)ベントレー単不は普通にやらかし。リールの1文字目が「マ」でそこから最初にマセラティが見えてしまい、マセラティってイタリアの会社だったような…と思いつつ解答してしまった。(動画見てたら1文字目回転させてなかった。これはいけない)

 

結果は4位であるものの、大きなやらかしはマセラティぐらいで基本的には力を出し切ったといえ、かつ僅差だったので相手関係を考えれば上等かと。

とはいえやっぱりこの面子でこの封鎖ジャンル、投げられたジャンル形式を考えると勝つチャンスだったし、ここで力を120%出せるプレイヤーが本当に強いプレイヤーなんだろうな。

 

あとウマ娘の方も参加して総合4位。レオ杯で水着マルゼンスキーが1着、ライブラ杯でゴールドシップが3着、メジロマックイーンが4着。特にライブラ杯は結局総合で圧勝した芦原さんがワンツーフィニッシュだったことを考えれば実質勝ちでは。なお本番ライブラ杯。

 

閑話休題

最近ちょこちょこ店舗大会の話題が上がっているのでちょっとだけ。ジーパラあべのではよく店舗大会を開いてもらって本当にありがたいです。やっぱりこういう大会に出てこそ得られるものはすごく大きいし、知り合いと会って話したり、クイズしたりできるのは本当に楽しいです。今後は他のゲームセンターでも、衛生に気をつけつつ少しでも店舗大会を開いてもらいたいです。

2021/10/2 遊食空間シーザ †コメダ珈琲貴族杯†

久々の遠征。

昨日の仕事後すぐに京都駅にチャリで移動→米原まで新幹線→在来線で岐阜に向かい、ビジネスホテルで1泊。

当日は朝起きてコメダでモーニングとみそカツパン。思った以上にボリュームがあった。

f:id:logiuni_qma:20211002232248j:plain

f:id:logiuni_qma:20211002232301j:plain

なおこれだけ食べたにも関わらず大会中に少しずつお腹が空いてきて、大会後は完全に限界が来てラーメンを食いに行った模様。

その後シーザに向かい10時半に到着するも、それっぽい人がいなかったため飲み物を買いにちょっと歩いてあたりを探していた。(無事スーパーが見つかって飲み物を買いました)

今回は大会中投げられるジャンル・形式が1つのみというルール。よほどのことがなければスポタイかなーと思いつつ相手を見て不味そうだったら変更ということで。

参加者は15人(2試合して惜敗率8人)→8人→4人。

 

予選第1試合 リリアンヌさん(社会連想) ももちんさん(芸能その他) ロジユニ(スポーツタイピング) カテナリーさん(文系学問エフェクト)

f:id:logiuni_qma:20211002221842j:plain

f:id:logiuni_qma:20211002221912j:plain

相手のグラフとメンバーを見てこれならスポタイが行けそうやなと判断してスポタイ。

1セット目の社連は以前やってた形式だったけど完全にすっぽ抜けてて3ミス。流石にまずいので錆取りぐらいはしとく。

2セット目はCNから芸能来そうだなと思ったら芸能その他。うげーと思いつつなんとか分かる問題を処理して2ミス。

3セット目の自選は少しきつめの問題セットが来てなんと5単独1少数。その後宮西尚生がスポエフェとスポグルでまた出てくるということも。(スポタイでは史上初の350ホールド達成というリード文で出題)

4セット目の文エフェはスポタイの独走もあり落ち着いて処理。解答速度が落ちすぎて2ミスなのに50点台になってしまったのはよろしくない。

ということで予選第1試合は1位。ひとまずは惜敗率100%となり一安心。

 

予選第2試合 ラブライドイヴさん(社会並べ替え) ロジユニ(スポーツタイピング) リリアンヌさん(社会連想) COM(ライフスタイルグループ分け)

f:id:logiuni_qma:20211002224427j:plain

f:id:logiuni_qma:20211002224442j:plain

1セット目の社並は1問目がグロかったもののそれ以外は簡単めな問題に寄って1ミス。

2セット目は流石に前回ほど強くなく1単独。とはいっても上出来かな。

3セット目は社連。今回は割と分かる問題に寄ったため全答。なお解答速度。

4セット目はCOMのライグル。ここがだいぶ曲者で絶妙に分からん問題が多く4ミス。

マルセレに手を付けることが全然なかったけどそろそろ正答率を上げるためにもNORMALだけでも触れたほうが良いかもしれないなあ。

ここも1位を取り、惜敗率200%で準決勝進出は確定。とりあえず自分の中で定めてた目標は達成。

準決勝 キズナさん(アニメ&ゲーム一問多答) おとなりにぎんがキズナさん(文系学問並べ替え) RD/S/Q/Zさん(ノンジャンルランダム) ロジユニ(スポーツタイピング) 

f:id:logiuni_qma:20211002224725j:plain

f:id:logiuni_qma:20211002224740j:plain

準決勝はここまでで十分な強さを見せていた方々との対戦。厳しい戦いになることは覚悟して臨む。

1セット目はアニ多。事前に出るのが分かっていたので気持ちは楽だったが分からん問題連発で5ミス。最終問題で何とか分かる問題が来て0点は回避。流石にNORMAL手を付けます。

2セット目は文並。比較的わかる問題に寄ったもののかなり慎重になってしまい点が伸びない。

3セット目はノンジャンルランダム。青と緑に寄って3ミス。1問は芸多でジャッキーチェンの主演映画(確か星3だったはず)が聞かれて単不してしまったのは大いに反省。

4セット目の自選も四股名に「東」とつける相撲部屋を入間川部屋と答えてしまいマスクマンに単独を許す不甲斐ない展開。(入間川部屋は「司」)

それ以外ではかなりのグロ問(プスカシュ賞にノミネートされた初の日本人、横山久美)が出てきたりして良い展開だったはずだけど、それがあってもアニ多での負債が大きすぎて4位で終了。

 

ここ1年ぐらいはマスクマンレベルになってくるとどうしても対処しきれなくて負ける。そろそろこのレベルにもたまには一矢報いる事ができるようになりたいけど、まだまだ基礎が足りない状況と言わざるを得ない。

マルセレは星3あたりだけでも少しずつ手を付けて、キーパネは星4あたりまでどうにか処理して大炎上を防ぐのが今後の当面の目標になるかな。

久々の遠征だったけどやっぱり楽しいし強力なモチベーションになる。

明日からどうにかしてアニ多は手をつけるようにしよう。

地固め因子周回の日々

レンタルが1日5回できるキャンペーンが始まってからずっと地固め因子を狙って周回してた。

継承元は自前のパワ9黒マックイーンとレンタルのスタ6パワ3ブルボン(自身はスタ3)。

成果。

f:id:logiuni_qma:20210927223227p:plain

スピ2スタ3パワ3URA3(自身2+1)。赤因子が先行なのが気に食わない。

f:id:logiuni_qma:20210927223436p:plain

パワ5スタ3。URAはないが赤因子が芝なのはいいこと。

f:id:logiuni_qma:20210927223526p:plain

同じくパワ5スタ3。赤因子が逃げなのはよろしい。

 

副産物。

f:id:logiuni_qma:20210927223615p:plain

パワ6スタ3。マイル用に魔改造が必要な場合に使うかどうかだけど汎用性のある青因子なのはいいこと。

明日で報酬2倍が終了。明日は芝適性を魔改造したスマファル回してダートGⅠのレイを取らねば。

チャンミは差し追込エースが1,2枠とかいう地雷枠引かされて終了。相手にSランウオッカが2人いたから外入れても厳しかったかもしれんけど。

しばらくはつかの間の休息かな。とはいえどこかのタイミングでバクシンオーかカレンチャン使ってミッションクリアせねば。